知っておくべきキッチンの水回りの基本的なことキッチン回りで水漏れやつまりが発生しても焦らないよう、基本的なことを知っておくならいざという時に役にたちます。

それにはキッチン周りの水の仕組みや予想されるつまりの原因などがあります。

では、さっそく知っておくべき基本的な知識についてみてみましょう。

キッチンの蛇口とその仕組み

蛇口には、単水栓と混合栓があり、それぞれ取り付ける位置によって壁付けタイプと台付けタイプの2種類に分類することができます。単水栓の場合、コマのパッキングの劣化や、ハンドルを強く締めすぎることで弁座部分が損傷することで水漏れの原因となります。

混合栓の場合、切り替え部分の劣化や、パイプの先などが原因で水漏れが発生します。漏れが生じる前に、定期的にメンテナンスをするなら水漏れが発生することを予防することができます。

キッチンのつまりの原因とは?

キッチンは、主に水と油が汚れの原因となっています。それに生ごみや、調味料の汚れなどが加わることでキッチンの汚れはさらに悪化します。そもそも水汚れには、茶色水性汚れと白色水性汚れの2種類があります。茶色水性汚れは排水口のぬめりなどで、白色水性汚れはシンク周りに見られる白い色の水垢などです。

それに料理の際の油がシンクに飛び散り、つまりの原因となります。油汚れは空気に触れると汚れはどんどん悪化し固くなっていきます。また、道具にへばりつき傷める原因ともなります。つまり、常にキレイにしておくならつまりが発生することはありませんが、汚れを放置しておくことでつまりが発生します。

キッチンつまりの予防とは?

キッチンつまりの発生を予防方法は、毎日のシンク汚れをその日のうちにキレイにすることで、つまりが生じることを予防することができます。それには基本的なことですが、調理後はすぐにゴミを捨てること、目立った汚れをその日のうちに落とすことなどが含まれます。

また、水回りの水滴をキレイにふき取ることで、水垢の汚れもキレイに予防することができます。また、しつこい油汚れは、熱に弱い性質があるのでぬるま湯を使用することで汚れをキレイに落とすことができます。

まとめ

キッチンは栓の劣化に伴い、水漏れが発生します。また、キッチンのつまりは、汚れを放置することで生じます。ですから、水漏れやつまりが生じないように、日ごろからメンテナンスをすることや、キッチン周りの汚れはその日のうちにキレイにすることで予防していきましょう。