知っておくべき浴室・洗面所の水回りの基本的なこと浴室や洗面所回りは、排水口のつまりがよく発生する場所です。毎日、使用する場所なのでトラブルの発生をできるだけ避けたいものです。

そのためにも、トラブルが発生しやすい原因をしっておくなら対処することができるでしょう。

では、浴室や洗面所のつまりの原因についてみてみましょう。

浴室・洗面所のつまりの原因は”排水口”

浴室や洗面所の排水口は、毎日汚水が流れ続ける溝です。特に浴室の場合、石鹸やシャンプー、リンス、皮脂、抜け毛などの汚れが流れます。使用後、しっかりと掃除をしなければ排水口付近は汚れつまりの原因となります。

そもそも排水口には、トラップというニオイを遮断する装置がついており、そのおかげで悪臭や虫の侵入を防ぐことができています。トラップは隙間が狭いのでこまめに掃除をしないなら、このトラップ部分が原因でつまりが生じます。

浴室と洗面所で水トラブルが生じないために・・

浴室と洗面所で生じる水トラブルは、主に掃除などのメンテナンス不足で生じます。汚れのほとんどは、人の油脂や石鹸、ホコリなどの付着や、水垢などです。浴室は使用後、排水口にたまった髪の毛を取り除いたり、洗面所も定期的にトラップを掃除することでつまりを解消させることができます。

汚れは、歯ブラシを使用することで細かな汚れまでキレイに落とすことができます。また、ゴム栓の劣化もつまりの原因となる場合があるので、ゴム栓を交換することでトラブルを解消することができます。

浴室の悪臭対策法

浴室で悪臭が発生している場合は、排水口につまりや汚れが原因として考えられます。排水口には排水トラップの臭気止めがついているので、水分が充分に溜まっているならニオイが発生することはありません。

ですから、浴室や洗面所などで悪臭を感じるなら、排水口のつまりや汚れをキレイに掃除することで、トラブルを解消させることができます。トラップは受け皿部分までしっかりとり、キレイに掃除をし、つまりの原因を解消しましょう。

まとめ

浴室や洗面所でよく生じるつまりは、排水口の汚れが原因となっています。浴室を使用後は、排水口のトラップ部分まで歯ブラシなどを使用してキレイにすることで、つまりを解消させることができます。

また、浴室や洗面所などで生じる悪臭もつまりや汚れが原因で生じていますので、いつもこまめに清掃をするよう心がけましょう。