知っておくべきトイレの水回りの基本的なことトイレも水回りのトラブルが起こりやすい場所です。

それには水漏れやつまりなどのトラブルがあります。

では、トイレの水漏れやつまりが発生したらどのように対処することができるでしょうか?

トイレのつまりの原因とは?

トイレのつまりの原因は、便器のつまりと汚水管のつまりの2種類のつまりがあります。ですから、トイレのつまりを修理する時は、どちらがつまっているのかを見極めてから修理をすることができます。便器のつまりの場合は、便器から異物を取り出すことでつまりを解消させることができます。

一方、汚水管が原因でつまりを引き起こしている場合は、水漏れ修理業者に依頼する必要があります。また、便器のつまりから異物を取り出すことができず、そのまま汚水管に流れてしまったら汚水管でのつまりの原因となるので修理業者のプロに確認してもらう必要があるでしょう。

トイレの水漏れの原因とは?

トイレの水漏れトラブルで一番多いのが、タンクからの水漏れです。そもそもトイレのタンクには、使用後に流す水が大量に蓄えられています。古いタイプのトイレなら18L程度、新しいタイプのトイレなら8L程度の水がタンクにあります。

しかも、使用後、すぐに水が補給されるのでタンクに水がなくなるということはありません。しかし、トイレのレバーが戻らないとか、使用後水が流れる音がチョロチョロ聞こえるなどのトラブルが発生し、水漏れが生じている場合があります。では、どのように対処することができるでしょうか?

<h2トイレタンクの水漏れ対処方法とは?>

トイレの水漏れを発見したら、まず水道の元栓を閉めましょう。そして、水漏れをしている場所を確認することができます。タンクとパイプの部分のナットやパッキンなどを確認してみることができるでしょう。

特にパッキンが劣化や損傷していると水漏れが生じますので、新しいパッキンを取り替えることでトラブルを解消させることができます。自分でトラブルを解決することができなかったら、信頼できる修理業者に相談し、修理を依頼するようにしましょう。

まとめ

トイレのつまりは便器か汚染管のどちらかのつまりが原因で生じています。また、トレイの水漏れは主にタンクで生じています。もし水漏れを発見したなら、まずは水道の元栓を閉め、どこから水漏れをしているか確認してみましょう。

そして、自分で直すことが無理なら、被害が拡大する前に、信頼できる修理業者に相談するようにしましょう。