トイレがつまってしまうと非常に焦りますし、大変困ります。

自分でつまりを解消させることができれば問題はありませんが、最悪の場合は修理業者に修理を依頼しなければならない状況も発生してしまう可能性はあります。

そうなると修理費用も重なり家計が苦しくなってしまいます。

そのような状況にならないためにどのようにトイレのつまりを予防できるでしょうか?

トイレットペーパーを流し過ぎないこと!

トイレのつまりの原因で一番多いのが、過剰なトイレットペーパーの流し過ぎです。特に小さなお子さんのいる家庭では、子どものいたずらで大量のトイレットペーパーを流してしまうということがよく起きています。

トイレットペーパーを大量に便器へ流すと、紙が流れずに便器に水が溜まってしまったり、便器から水があふれだしてしまう場合があります。ですから、大量のトイレットペーパーを流すのは控えるようにしましょう。

異物を流さないこと!

トイレのつまりは、トイレットペーパーに次いで異物を流し込んでしまい発生しているケースも多くあります。トイレットペーパーがなくてティッシュペーパーを流してしまったり、たばこを便器に流す方も中にはいるようです。

どんなものでも水に溶けない固形物はつまりの原因となりますので、十分な注意が必要です。トイレットペーパー以外は流さないよう気を付けましょう。

男子小便器のつまり予防対策

ご家庭に男子用の小便器があるという方は少ないと思いますが、トイレの中でも男性用の小便器が一番つまりやすいと言われています。なぜなら、小便器専用なので排水管が狭く作られているからです。

そのため、使用の経過とともに尿石が付着し、配水管の中が石化状になってしまい排水ペースがとても細くなってしまいます。それが原因となり、つまりが発生します。このような状態になる前に、尿化防止剤を投入しておくなら、排水管が細くなってしまうことを防ぐことができるので、つまりを予防することができます。

まとめ

トイレがつまってしまうと水が流れなくなってしまったり、水があふれたりなどのトラブルが生じます。そのような状況にならないように、普段からトイレがつまらないように予防対策をしておくことはとても大切です。

特に小さなお子さんがいる家庭では、お子さんがトイレに固形物や大量のトイレットペーパーを流さないよう注意しましょう。そうすることで、修理費用がかかることなく快適に過ごすことができるでしょう。