エアコンのホースの不具合で起きる水漏れの原因とその対策エアコンの室内機のドレンパンは、ドレンホースとつながっていて、そこから不要な水が排出されるような仕組みとなっています。しかし、ドレンホースの不具合で水漏れが生じることがあります。

考えられる原因とは何でしょうか?また、水漏れが生じないよう対策を打つことはできるのでしょうか?

エアコンのホースの不具合で起きる水漏れの原因とは?

エアコンの室内機とつながっているドレンホースにつまりや、配管の異常などが原因となり水漏れが発生する場合があります。室外機は屋外に設置されているものなので、ドレンホースの近くに落葉樹や泥土などがあるとホースの先端がふさがれてしまい、水がきちんと排出することができずに水漏れが発生してしまうことがあります。

また、ドレンホースの劣化や、逆勾配などが原因となり水漏れが発生することもあります。

ゴミ対策・配管の調査をすること!

ドレンホースにゴミがつまらないよう定期的に掃除をしましょう。もしすでにドレンホースにゴミが詰まっているなら、エアコン用ドレンホースクリーナーを使用してゴミをキレイに吸い取りましょう。また、エアコンの排水桝が泥などで埋まってしまっている状態なら、水が流れるよう排水の道を作りましょう。

それに加え、エアコンの配管をしっかりみて調査することも大切です。配管外側に割れや亀裂が入っていないか、水が上から下へと流れているかなどをチェックしましょう。もし何らかの異常が見つかったなら、信頼できる水漏れ修理業者に相談しましょう。

季節の変わり目には注意が必要!

エアコンを使用していない期間が長いと、自然に落ち葉や泥土がドレンホースの中に入り詰まってしまうことがあります。なので、エアコンを使用初めの時期は、ドレンホースや配管などの清掃をしてから使用を開始するようにしましょう。

また、エアコンフィルターの掃除も同時に行うなら安心して快適に使用することができるでしょう。

まとめ

エアコンのホースの不具合で、水漏れが発生することもあります。ドレンホースが原因の場合、ホースの中に落ち葉が詰まっていたり、ホースの先端がふさがれていることが考えられ増す。ですから、定期的にドレンホースの清掃を行うなら水が問題なく排出されるので、水漏れなどのトラブルが発生することを回避することができます。

それでも水漏れが改善されない場合は、信頼できる水漏れ修理業者に相談することをおすすめします。