水漏れに適用される保険とは?水漏れは突然発生するものですが、自分では気づかないうちに被害が拡大していることもあります。

緊急な修理が必要となり、予想外の出費で家計を苦しめます。

しかし、水漏れに適用される保険があることをご存知でしたか?

水漏れ修理費用を抑えることができる保険について詳しくみてみましょう。

水漏れ修理費用は「火災保険」が適応される!

火災保険には、その約8割に”水漏れ特約”が付帯されています。つまり、火災保険に加入している方は、水漏れ修理費用も適用されるということです。水漏れに適応される具体的なケースは、自分の部屋から水漏れが発生した場合や、階上の部屋の水漏れにより水浸しになって修繕工事が必要になった場合などに適応されます。

それに加え、修理工事後の乾燥、除菌などの施工にも保険が適用されることもあります。しかし、保険金の申請手続きや保険会社への連絡などは手間がかかるので、保険の手続きをサポートしてくれる修理業者に修理工事を依頼するならスムーズに申請手続きを済ませることができるでしょう。

水漏れ対策として利用できる「個人賠償責任保険」

上記でみた火災保険は、自分が被害者になった場合に適応されます。しかし、「個人賠償責任保険」は、自分が水漏れを発生し、他の人に損害を与えた場合に適用されます。この保険は、自動車保険や損害保険、火災保険などの特約として付帯することができます。

水漏れで被害を起こすと、被害額がかなりの額になることが予想されます。特にお隣と隣接している方や、アパートやマンションなどに住んでいる方などは、この保険に加入しているならいざという時安心なので加入しておくことができるでしょう。

”水漏れ”と”水災”を間違えないように!

誰でも保険を選ぶ際には、補償内容をしっかり確認して決めるものです。補償内容に”水災保障”と書かれていると、水漏れ被害や雨漏り被害が起きた時の保障かな?と考えがちですが、違います。

水災保障とは、洪水や高潮、土砂崩れなどの自然災害で起きた際の保障です。つまり、水漏れによる被害は保障されません。ですから、水災保障と書かれていても誤解をおこさないよう注意しましょう。

まとめ

水漏れによる被害は、「火災保険」が適応されます。しかし、適応されるケースが決まっていますので利用する際にはよく確認しましょう。また、自分が他者に水漏れ被害を与えてしまった場合は「個人賠償責任保険」が適応されます。