蛇口の種類と水漏れの原因について水漏れトラブルが発生しやすい場所として台所やキッチンなどの蛇口を挙げることができます。水がポタポタ流れ落ちてきたり、レバーやハンドルがうまく作動しなかったり・・などと理由は多岐にわたります。

しかし、蛇口には種類があり、水漏れの原因も異なっています。詳しくみてみましょう。

蛇口の種類

蛇口は主に大きく分けて2種類に分類することができます。それは「単水栓」と「混合栓」です。単水栓は水だけでる蛇口で、蛇口をひねるだけで水がでるというシンプルな構造となっています。一方、混合栓は水とお湯の両方を出すことができる蛇口となっています。

混合栓にはお湯のハンドルと水のハンドルがついている”ツーハンドル”と、1つのレバーで温度調整ができる”シングルレバー”などさまざまなタイプがあります。

水が出る構造とは?

水が出る仕組みはとてもシンプルで、ハンドルやレバーを開ければ水が出て、閉めれば水が止まるようになっています。シンプルな構造に見えますが、実は水栓の中に”弁座”と呼ばれるパッキンが付いています。

このパッキンのおかげで、水をせき止めることができ、水が出たり止まったりすることが可能となっています。つまり、このパッキンが水栓の中で一番大きな役割を持っているということです。ですから、もし水蛇口から水漏れをしている場合、パッキンの機能が働いていないことが考えられます。つまり、パッキンの劣化により水漏れが生じているということです。

蛇口の水漏れ対処法とは?

蛇口から水が漏れている場合は、水栓の弁座、つまり、パッキンの劣化が考えられます。なので、パッキンを交換することで、水漏れが止まる可能性が高いです。自分で交換することも可能ですが、パッキン以外のハンドル部分やパイプ自体にも問題がある場合もあります。

もしパッキンを交換しても水漏れが改善しないなら他の原因も考えられますので、専門の水漏れ修理業者に相談することをおすすめします。水漏れの被害が拡大しないうちに、早めの処置をとるようにしましょう。

まとめ

水漏れがよく発生する蛇口には、さまざまな種類があります。しかし、根本的な構造はほとんど同じで、水栓の中の弁座、つまり、パッキンの働きで水を出したり止めたりすることができます。そのため、水漏れの原因はパッキンの劣化が考えられます。

交換することで改善することができますが、場合によっては他の部分の劣化も関係していることもあります。なので、信頼できる修理業者に相談することでトラブルを解決することができるでしょう。