エアコンの寿命と買い替え時期はいつ?エアコンの水漏れ修理は比較的低料金で済ませることができますが、修理をするよりも買い替えをした方が良い場合もあります。

毎年、エアコンからの水漏れで悩まされているなら、エアコンの寿命かもしれません。

では、エアコンの寿命と買い替え時期についてみてみましょう。

エアコンの寿命はどのくらい?

エアコンから水漏れなどのトラブルで何度も悩まされているなら、エアコンの寿命かもしれません。一般的にエアコンの平均的な寿命は、10年から13年と言われています。多くのエアコンメーカーは、耐久年数として7年から、長くても10年を目安としています。

ですから、エアコンを10年前後使用しているなら、買い替えるべきと言えるでしょう。しかし、一番の理想は、7年使用することができれば、買い替えのタイミングとして適切な時期と言えるでしょう。

光熱費を検討すると新しいエアコンに買い替えたほうがエコ!

エアコン自体は壊れていなくても。送風ファンにほこりが溜まってしまったり、フィルターにほこりが蓄積したりすることで運転効能が低下する場合があります。それと同時に、省エネ効果も薄くなり、光熱費が高くなってくる場合もあります。

水漏れなどの水トラブルが発生していなくても、エアコンのせいで光熱費が高騰しているなら、新しいエアコンへ買い替えることも悪くありません。

エアコンを少しでも長く使用するためにできることとは?

エアコンの寿命を少しでも長く伸ばすために何をすることができるでしょうか?それは、エアコンの手入れや、メンテナンスにかかっています。たとえば、エアコンのドレンホースや配管などを定期的にクリーニングすることができます。

また、施工時に化粧管で覆うなら、劣化を抑えることができ、水漏れを予防することができます。そうすることで、エアコンを長持ちさせることができます。

まとめ

エアコンの平均的な寿命は、10年から13年と言われています。ですから、10年前後使用しているなら、買い替え時期と言えるでしょう。また、エアコンのせいで光熱費が高騰しているようなら買い替えたほうがエコかもしれません。

エアコンの寿命を少しでも長く伸ばすために、定期的に清掃やメンテナンスをすることで、水漏れなどのトラブルも回避することができます。もしすでに水漏れなどのトラブルが発生しているなら、信頼できる修理業者に相談することをおすすめします。