突然の水漏れに役立つ応急処置の方法水漏れなどの水トラブルは突然発生します。

水トラブルが生じたなら、早急に原因を追究し修理をする必要があります。

しかし、修理をするまでに応急処置をとらなければ被害が拡大する恐れがあります。

では、自宅にあるものでどのように応急処置をとることができるのでしょうか?

具体的な方法についてみてみましょう。

家庭にある道具で水漏れの応急処置を!

水トラブルが突然発生すると慌ててしまいがちですが、冷静になり、被害が拡大しないように早急に応急処置をとる必要があります。家庭にある道具を利用して応急処置をとることができます。

水トラブルの応急処置に役立つものはバケツ、ビニールシート、タオル、掃除用のゴミ手袋などがあると便利です。

水漏れの応急処置方法

蛇口や排水管から水漏れが発生している場合、そのまま放置しておくなら壁や床にまで水がしみわたり、二次災害へとつながる恐れがあります。ですから、たとえ軽度の水漏れであったとしても応急処置をとる必要があります。

まず蛇口と止水栓をしっかり止めます。水漏れをしている周辺の床にビニールシートを引き、バケツなどの深めの容器で漏れている水を受け止めることができるよう設置しましょう。そして、排水管から水漏れをしている箇所がわかったなら、タオルをくつくまっきつけて漏れている水を吸い取ることができるよう縛りつけましょう

水つまりの応急処置方法

排水管がつまってしまうと、排水できなくなり、水があふれて床にこぼれてしまう場合があります。このような事態を防ぐためにも応急処置をとることは大切です。まず水つまりが発生している周辺の床にビニールシートを引き、バケツなどの容器で溜まっている水を汲み取ります

もし汚水ならばゴム手袋を着用しましょう。汲み取った水は、つまりが解消してから流します。排水口に異物が詰まっているなら取り除きましょう。そうすることでトラブルを解消することができます。

まとめ

水漏れやつまりなどの水トラブルは家庭にあるもので応急処置をとることができます。しかし、根本的な原因が直ったわけではないので、原因を追究し、それに合った修理をしなければいけません。

ですから、修理業者に相談し、修理を依頼する必要があります。あくまでも応急処置は、修理業者が来るまで間、被害が拡大しないようにしている処置なので、早急に修理を依頼するようにしましょう。