毎日使用するトイレの水のトラブルが発生すると焦ってしまいます。

そのため、修理費用の相場を知らないと高額な費用を請求されてしまう可能性もあります。

そのような状況に陥らないためにもトイレの水漏れ修理費用相場を知っておくことは大切です。

では、修理費用の相場について詳しくみてみましょう。

トイレの水漏れの修理費用相場はどのくらい?

トイレの水漏れ修理の費用相場は安くて5,000円程度からで、高くても20,000円程度が一般的な相場となっています。トイレのつまりや水漏れなどの基本的な修理の基本料金は5,000円から設定されている業者が多いです。

排水弁やロータンク内のボールタップやフロート管などの部品を新規で交換する必要がある場合は、部品代と交換手数料が加算されます。パッキンの劣化による水漏れの場合は、基本料金程度で行うことができますが、ロータンク内のボールタップやフロート管などは部品代に工賃が18,000円以上かかる場合もあります。

トイレのウオッシュレットの修理と費用相場は?

トイレのウオッシュレットの脱着作業の修理費用は、基本料金では行うことができません。一般的にウオッシュレットの取り付けと取り外しを行う脱着工事の工賃は8,000円程度が費用相場となっています。

ウオッシュレットの脱着は素人でもできますが、水回りが関係してくる電化製品で取り扱いがとても繊細なので、修理のプロでスキルがある職人の方が確実に、そして安全に工事をすることができるで修理を依頼する方が賢明です。また、便器を交換する場合は、便器と工賃を合わせて50,000円以上かかる可能性があります。

フラッシュバルブの修理と費用相場は?

フラッシュバルブの交換は、たいてい8,000円前後で行うことができます。フラッシュバルブの調子が悪いとレバーの操作がきかなくなり、水漏れが発生します。トイレの中でも水漏れが発生しやすい場所となっています。

部品の交換をすれば改善しますが、交換をしても水漏れする場合はフラッシュバルブ本体を交換する必要がでてくるので費用がさらにかかってきます。

まとめ

トイレの水回り修理や工事は、良い修理業者に依頼しなければ高値を請求されてしまいます。悪徳修理業者に騙されないためにも、トイレの水漏れ修理や部品交換にかかる費用相場をしっかる念頭にいれておきましょう。